FC2ブログ

Feeling the wind

トイプードルと夫婦2人のスローなフィールド記。
0

秋模様

奈良の秋模様

DSCF1238.jpg

軒先に吊るし柿 いい秋の風情。


DSCF1250.jpg

多彩な色が混じり合い、カラフル。


DSCF1279.jpg

紅色の紅葉に光があたり更に鮮やかに。


DSCF1284.jpg

カメラ目線 秋美人の鹿さん、
奈良へおいでよ〜と。


スポンサーサイト
0

東京模様

久方ぶりに仕事で、上京。

DSCF1199.jpg

東京駅玄関口も、広く明るく綺麗になった。


DSCF1125.jpg

高層ビル群が夕陽に染まる。綺麗だ。


DSCF1177.jpg

巨大ビルの中に巨大ビル!


DSCF1188.jpg

奈良には無い景色…の数々。


DSCF1119.jpg

東京都庁に夕陽が反射して、
黄金色に光り輝く瞬間。


DSCF1148.jpg

宿泊したホテルの部屋19階からの
新宿西口の夜景。


DSCF1007.jpg

姪っ子も、何時の間にか もうすっかり
大人の雰囲気…


DSCF1005.jpg

この先何時まで一緒に
デートしてもらえることやら(笑)


DSCF1156.jpg

都会の雑踏は、田舎者には 疲れる…
でもたまには息抜きにはいいかもね。


2

氏神さんの秋祭り

今日は、我が家の氏神さんの秋祭り。
朝から布団神輿と子供神輿が
町内を練り歩く。

DSCF0842のコピー

神輿が来るのが、みんな楽しみ!


DSCF0843のコピー

台車に載ったお神輿がやって来た!


DSCF0855のコピー

子供達も、


DSCF0856のコピー

お年寄りもみんな楽しみな、秋祭り。


DSCF0862のコピー

写真撮影に来たのに、ここで何故か
まさかまさかの、急展開に…
神輿の担ぎ手?
担ぎ手が少ないので…
とお願いされる始末に(笑)


DSCF0863のコピー

お神輿を担ぐのは、何十年ぶりか判らない。
子供の頃、生まれ育った土地で
同じく今後担ぎ手が無く
これが最後のお祭りの、
最後の神輿に乗って太鼓を叩いた
懐かしい、とても貴重な想い出がある。
その時に撮ってもらった写真は
今ではとても貴重な宝物!
文化遺産的価値がある。
あの途絶えた見事な歴史的神輿は今は、
どうなっているのか…とても気になる。


DSCF0874のコピー

なんとか「宮入り」まで
無事持ってこれた。


DSCF0873のコピー

さすがにとてつも無く重いし、
肩が…、肩が……


DSCF0875のコピー

DSCF0877のコピー

祭りの最後の見せ場の前に
お神酒を頂戴して、全員リキを入れる!


DSCF0881のコピー

神社の境内には大勢の見物人が見守る。
さぁ、クライマックスだ!


DSCF0882のコピー

境内を右に左に廻り、前後に、


DSCF0886のコピー

知らず知らずに力が入り、


DSCF0887のコピー

みんな掛け声が自然と大きくなる!


DSCF0888のコピー

最後は持てる力を振り絞り
上に持ち上げるとは…!


DSCF0889のコピー

境内の大勢の見物人から
大きな温かい拍手が一斉に!
感動の一瞬!

明日は、筋肉痛だな〜絶対に(笑)

「宮入り」が無事に終わり、
担ぎ手全員が、有り難いお祓いを受ける。


DSCF0894のコピー

小さな子供達には、
故郷の良き想い出となってほしい。


DSCF0897のコピー

出店も、何も無い、地元の昔から続く
シンプルな秋祭り…
今年も事故無く、無事に終わった。
氏神さんに感謝。

有名な祭りもいいけれど、
こんな祭りの風情もいいもんだ。
途絶える事無く、
これからも末長く続く事を、切に願う。



0

再び、コウモリ

の撮影にリベンジ!今の時期夕方になると、
凄い数のコウモリが飛ぶ。

DSCF0580.jpg

夕方、見張り役?の一匹がまず現れた。


DSCF0761.jpg

高速で、不規則に飛ぶコウモリも
撮影は至難の技。
撮影で燃える被写体だ。

こうして見るとやっぱり
不思議で、不気味な形(笑)


DSCF0759.jpg

シャッタースピード優先モードで狙う。
1/1000に設定。
フラッシュON !


DSCF0767.jpg

餌の小さな虫を狙うコウモリが撮れた。
残念ながら顔が見えない… ウ〜ン残念。


DSCF0229.jpg

陽が落ちるて、暗くなると、
家の前は、増す増す飛ぶ数が多くなる。
まさに、コウモリの乱舞い状態。
それにしても凄い数。


DSCF0634.jpg

正面からの顔が撮れた。


DSCF0634のコピー

前回はカメラの設定が上手くいかず
失敗の連続だったけど、
今回はカメラが稀なレンズシャッターで、
高速でフラッシュが同調するので
何とかリベンジ、写し止める事が出来た。
X100F、いいカメラだ。

FUJIFILM X100F
23mm F2
1/1000 f/2.0
ISO:1600
フラッシュ発光
フィルムシミュレーション PROVIA


0

1/8000秒

高速で飛翔する、ツバメくん 
撮影に再チャレンジ!

IMG_3609のコピー

1/8000秒という
今まで、全く使った事の無い
最高速のシャッタースピードで狙う。


IMG_3610のコピー

超高速で飛ぶツバメを 
何とか写し止められた! 凄い…!


IMG_3542のコピー

1/8000秒は、確かに凄い…!


IMG_3951のコピー

でも、写し止める難易度は相当だ。
速すぎて、ファインダーに捉えられない…


IMG_3907 (1)のコピー

数多くの失敗を重ねるうちに、何となく
撮影のコツが、分かってきた。


IMG_3589 (1)のコピー

眼は両方とも開けて、
右目はファインダー、左目は飛行コースを
読んで、ツバメの動きを先読みする事で
何とか追尾出来るようになってきた。


IMG_3679のコピー のコピー

それでもツバメは小さくて、動きが早く
超高速で飛行する為、やっぱり至難の技。


IMG_3493のコピー

ファインダーに上手く追尾出来たら、


IMG_3592のコピー

あとは高速連写のみ。


IMG_2340のコピー

シャッタースピード優先、親指AF-ON、
領域拡大AF、AIサーボ、
8コマ秒H高速の設定で、手持ち撮影。


IMG_3680のコピー

所有するレンズ、機材ではこれが限界。
でも何とか、物にする事が出来た。


IMG_3921のコピー

難しい被写体ほど、熱くなれる(笑)


IMG_3640のコピー

大空を悠悠と飛翔するツバメは
被写体として美しい。


IMG_0857のコピー

ツバメくんたち、今日も遊んでくれて
ありがとう!

Canon EOS 7D
Canon FF 70-200mm f/4L IS USM
ISO/800 F/8 1/8000
200mm(APS-C 320mm相当)


このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。