Feeling the wind

トイプードルと夫婦2人のスローなフィールド記。
0

桜吹雪

一瞬の出来事。
先日の奈良公園で偶然、
素晴らしい光景に出逢えた!

IMG_0455no.jpg

二月堂、若草山をバックに
満開の桜の、一面の花吹雪。
幸いに誰もいない、風のいたずら?
いや嬉しい贈り物だ!


IMG_0456 のコピーのコピー2

花吹雪の花びらをわかりやすくする為、
モノクロでも撮ってみた。操作を焦る…。
タイトル「桜吹雪に霞む二月堂」


DSCF9432 のコピー2

別の時間に、同じ場所にて。
数10分待ってまたもや、出逢えた!


DSCF9432 のコピーのコピー

日本人に生まれて良かった!
と思える瞬間。


DSCF9405.jpg

暗いバックがなかなか無い…
何処をどう切り取るか…焦る。


DSCF9414.jpg

風が強く吹いた、ほんの一瞬の勝負!
カメラを持つ手が、焦る、焦る…。


IMG_0457.jpg

まるで雪が降っているみたい…
素晴らしい瞬間に出逢えた事に感謝。

古来から日本人と桜…は
日本人としての美意識の象徴であり、
いろんなモチーフとして、
あらゆる分野で描かれている。
絵画、文学、歌、写真…等

楽しい桜、悲しい桜、嬉しい桜…
出逢いがあり、別れがある
この季節には
無くてはならない存在だ。


スポンサーサイト
0

春日和

暖かい日が続く、この頃
カメラを持って出かけてみる。

IMG_0318_20180401204919ed2.jpg

近くの公園で、ピクニック。
あぁ、こんな日はキャンプに行きたいな〜


DSCF9223.jpg

奈良公園へ行ってみる。
鹿たちもいいお天気で動きが活発。


DSCF9066.jpg

奈良国立博物館の近くにて。


IMG_0291.jpg

春らしい画が撮れた。


IMG_0497_201804012050523ce.jpg

この陽気に観光客も、もう夏の装い。


IMG_0181.jpg

こちらはダウン? 暑くないの?


DSCF9279.jpg

お昼何食べる? 次は何処行く?
一生懸命、相談中?


DSCF9068.jpg

微笑ましい、可愛い親子連れ、
御礼に三人で写真を撮ってあげた。


DSCF9065 2

興福寺で五重塔をバックに記念撮影の二人。
何でこんなに良い表情なの?


DSCF9426.jpg

花見ワンちゃんも、嬉しそう。
出逢いの Kiss♥!


DSCF9140.jpg

僕も暑くてソフトクリーム食べたい〜。


DSCF9118.jpg

陽気な観光客たち。東大寺大仏殿の前にて
JUMP !!!
みんなお揃いの日の丸 Tシャツが ○。


DSCF9313.jpg

春日大社で、美人さんに出逢う!
見つめられた(笑)
なかなかいないスレンダー美人!


DSCF9271.jpg

どんな願い事をするのかな?
東大寺二月堂にて。


IMG_0519_20180401205051c90.jpg

陽気な観光客 2
春はみんなを「笑顔」にする…。


IMG_0519 3

拡大、トリミング。
ほんと、みんないい笑顔 !!

FUJIFILM X100F
23mm F2
フィルムシミュレーション Velvia


0

奈良少年刑務所

いわゆる「奈良監獄」
明治時代の赤煉瓦がレトロで印象的。

IMG_0381.jpg

刑務所とは思えないモダンな建物。
これは正門。

誰かの出所かな?車が一台迎えに…(笑)


IMG_0383.jpg

今もプレートがそのまま残されている。


IMG_0393.jpg

石塀の外、娑婆にある大きな桜の木。


IMG_0395.jpg

中から受刑者たちの眼にはこの桜の花は
どんな風に見えたんだろう…。


IMG_0382.jpg

国の重要文化財に指定。


IMG_0391.jpg

今はこの桜を愛でる人も無く
ひっそりと咲いて、ひっそりと散る…。


IMG_0385.jpg

奈良にもこんな場所が残されている。
訪れる人も無く…
今は閑散と静まり返っている。


IMG_0392.jpg

1908年、明治 41年に建てられて、
現在まで使われ
2017年3月に閉鎖された。

今後は文化財としての「ホテル」等に
活用されるらしい。
歴史的に貴重な建物が保存されるのは
とても良い事。

でも監獄ホテル… 
話題性はあるけど、微妙…
泊りに行く?!


0

ストリートスナップの定義

Street Photography が好きで、
昔からたくさん撮影して来た。
スナップの定義?
語るのはなかなか難しい。

DSCF8125_201803221550470f1.jpg

「街の何気ない表情を一瞬で切り取る」

ともすれば「盗撮」と紙一重?の
スナップ撮影、最近は肖像権の事もある。

声をかけて撮ると、その場の雰囲気が
壊れて味気無い写真となる。
自分は何か言われたら、
真摯に「作品」作りをしていると説明する。
撮影後、軽く笑顔で会釈するなどの
心くばりも必要。ある程度の緊張感と
覚悟をもって、臨んでいる。


PICT1019.jpg

「表現の自由」という言葉がある。
自由に表現し、かつ情報を自由に知る
権利が保障されている。

自分はスナップ撮影をする時は、必ず
単焦点レンズのカメラで、堂々と。
決して望遠レンズは使わない。
街中で望遠レンズを使う人を見かけるが、
いったい何を撮ってるのか、
わかったもんじゃない(笑)


IMG_0497.jpg

スナップ写真は自分の足で歩いて、歩いて、
歩いて、被写体と対峙。
一日中歩いて一枚も撮れない事も多々ある。
そして運も味方にすると…
とんでもないシャッターチャンスに
巡り会う事もある。


2012 JPS展「御利益あるかな?」のコピー

今のご時世、特に子どもたちを撮るのは
非常に難しい……。
親たちが、変な眼差しを向けて来る…。
いろんな犯罪や事件のせいで、
社会全体がおかしくなっている。
とても残念なこと…。

撮ったスナップ写真は、このブログ等で
全て、本人の顔は出している。
これは自分の「作品」だから当然の事。


DSCF8097_2018032220142395b.jpg

撮った古い写真を今見返すと
電話が全て二つ折りの携帯とか、
その時の時代背景が見えて、
面白い発見があってすごく楽しい。

「絶対非演出の絶対スナップ」とは
巨匠、土門 拳の言葉。
モチーフを見つけた瞬間、
間髪を入れずシャッターを切れという。

最後にスナップの定義とは?

「今ある時代の情景を切り取る」かな。


0

シルエット

過去にシルエットを中心に
スナップを撮っていたころの作品。

PICT1483.jpg


PICT0471.jpg


PICT1585.jpg


IMG_1970のコピーのコピー

懐かしい…
画になる街、ヨコハマ。


このカテゴリーに該当する記事はありません。